医薬品通販との違い|フィラリア予防薬やバイアグラには賢い購入方法がある
薬と水と薬袋

医薬品通販との違い

ピンク色の錠剤

今の日本はインターネットが急速に発達したことにより、通販が一般的になって様々な商品を通販で購入することができるようになりました。
個人輸入も個人輸入代行の通販サイトが登場し、昔よりも多くの人が個人輸入で海外の商品を手にしやすくなっています。

数ある通販サイトの中には医薬品の購入もできる通販サイトがありますよね。
そのため、個人輸入代行の通販サイトを使って海外の医薬品を通販で買うのと、医薬品の通販で商品を買うのではどう違うのか疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
一見どちらも似たような印象がありますが、個人輸入代行の通販サイトと医薬品の通販では購入できる商品に違いがあります。

医薬品の通販では目薬や胃腸薬など、一般的なドラッグストアにも置いてあるものが中心で、商品は全て認可されたものです。
医師の診断や処方箋が必要になってくるような医薬品は置いていませんが、個人輸入では処方箋が必要な薬も取り扱われています。
バイアグラやシアリスをはじめとしたED治療薬や海外のダイエット薬、避妊薬、さらには海外で製造されている安価なジェネリック医薬品などを購入できるのが個人輸入代行の通販サイトです。
わかりやすくいうと、認可が下りているもので一般的なドラッグストアでも購入できる薬が置いてあるのが医薬品の通販。
本来なら医師の診察や処方箋が必要な薬も購入できるのが個人輸入代行の通販サイトということになります。
病院に行かなくてもバイアグラなどのED治療薬が購入できるのは便利ですが、リスクもあるので利用するときはリスクについてもきちんと調べてから利用するようにしましょう。